--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-28(Fri)

リアルで絶賛、活動中?

iconfa66.png
 明日、明後日に用事が出来ました。今月中に追加で更新が妖しくなりました。
 よって、次の話の冒頭などを。

Fate/黄金の従者#15人形(ホムンクルス)狩り

 夏のドイツは割と涼しい。
 Yシャツ姿に負けず劣らず、上着を着込んだビジネスマンらが町中を闊歩する。
 ここは地方の城塞都市。中世の趣のある町並みを、古風な石造りの城壁がぐるりと囲む。更にその城壁を囲むようにして町並みが拡大し、十万人規模の街となった地方都市である。
 城壁の外には今風のモダンな住宅地が広がる一方、城壁中側の建築群は石を漆喰で塗り固めた中世さながらの町並みだ。
 歴史があるからだけではなくて、この雰囲気が観光資源。城壁の内部に限っては、古き時代の様相(フォーマット)を厳守しないといけないことになっている。灰色と黒に染まった石の街だ。
 そんな城塞都市の中央付近に、教会とそれと囲む広場があった。
 古来、城塞都市や都市国家の中央には一番高い建物として教会が建てられていることが多かった。この街もその一つ、増築を繰り返された教会はなかなかに壮麗だ。
 教会が佇む広場の前に、石畳の道が延びていた。そこに小さなベンチとバス停の標識が立っていて、住人あるいは観光客がたむろする。
 バス停の十数メートル手前の路肩に、一台のタクシーが停車した。
 ドアを開けて降り立ったのは一人の女性。前髪をかるく左右に分けて、後ろは短くまとめている。スーツ姿は様になり、女性をりりしくみせていた。
 しかし荷物を取り上げ上を向いたその顔には化粧気はなく、また年齢も二十を超えてはいないだろう。
 男装の麗人を想わせるスーツ姿のその女性、バゼット・フラガ・マクレミッツは泣きぼくろの上にある強い光を宿す眼で辺りを見渡した。
 彼女はバス停を発見すると、二つの荷物を持ち上げる。
 革張りのアタッシュケースは大きめで重そうなのだが、彼女は苦もなく右手でもってぶら下げる。反して円筒状のアジャスターケースは、大事な図面でも入っているのか大事そうに左の肩に持ち上げた。
 ショルダーバンドを調節し、それを肩に馴染ませてからバゼットは歩き出した。
 バゼットはバス停に近づいていく。
 そのバス停には一人の少女と一人の老婆が会話していた。老婆の髪は白くてもじゃもじゃで、しかし笑みを浮かべてさかんに少女に話しかけているようだ。
 相手をしている少女は東洋人だった。癖のない長い黒髪、溶けたチーズのようななめらかな肌。そして彼女はシスターなのか、教会の尼僧服を着込んでいた。
 シスターらしき少女はベンチに座り、ボストンバッグを膝に載せ、傍らに彼女が三人ほど入れそうなトランクケースを置いている。
 老婆と話をしていた彼女だったが、近づくバゼットに気が付いて視線を向ける。笑顔になって手を振って、しかし戸惑うように手の動きが凍り付く。
 迷いの残る表情を振り払い、何かを決意したかのように、くっと口元を引き締めた。
 そして少女は呼びかけた。
「ママー」
「誰がママですかっ?!」
 バゼットが投げたアタッシュケースが、少女の顔面を直撃した。

 推敲前のラフ書き? 状態なので文章が荒れ気味です。続きますが、上がるのは……。はぁ。
スポンサーサイト
2009-08-21(Fri)

icont10.png
 あれー。執筆があんまり進んでいない?
 移転後のお仕事にエナジー消費、ついでにドラクエってのがいけないみたいです。はい。

 バゼットがドイツ、ベルリン駅でコトミネ・カオルと初接触、そして薫が合い言葉を口にする。
「ママー」
「誰がママですかっ?!」
 バゼットが投げたアタッシュケースが薫の顔面に直撃した。

 と始まるのですが。今月中にはいくらなんでも上がるでせう。続けます。が、まだリアルが色々と手間がかかるのです。
2009-08-17(Mon)

再起動……?

icont16.png
 ドラクエ9、一応クリアです。……でも続くのね。これ。
 こーゆーネトゲみたいな作りはどうよと思わなくもありません。メラゾーマもイオナズンも憶えておらず、回復役がパラディンと道具と魔法使いの癒しの杖のみでクリアできてしまったのがどーにも。賢者にはまだ転職すらできません。
 もっと強いのはいくらでもいるそうですけどね。でも一休み。
 SSの続きをば。
2009-08-10(Mon)

転職しようかな……。

icont26.png
 ドラクエ9の話ですがw
 立て込むときに手に入れるとやばいよなー。と思って入手を送らせていたのをゲット。
 ……。ダーマ神殿でバトルマスターと魔法戦士に転職可能になりました。
 カヲルを旅芸人から魔法戦士へ。火を吹けます。
 ギルを戦士からバトルマスター。みんなの後から強攻撃。
 きれいは僧侶のまま。槍が強いっす。
 りんも魔法使いのまま。撃ちまくって魔力切れに良くなります。
 何だか楽しいです。
2009-08-06(Thu)

熱く、しかし時に冷たく。

iconka09.png
 書いてます。その内に次の話は上がるでしょう(おいおい)
 でも引っ越し後で、あれもない・これもない、とドタバタ中です。
 そんな中でも先を考え、月姫編をやった場合どうなるかを構成してみる。
 十五日間、二十五エピソード、話数だと日数分か? 今までと違いお話に手本があるから書くのは凄い楽でしょうけど(私は「お話」を重視する人なので)どーかねー。
 メルブラ編に飛ぼうかしらん。
 その前に続き続き。
ごあいさつ

七音(ななおと)

Author:七音(ななおと)
このブログへようこそ。
ご来訪の皆様にご挨拶申し上げます。

リンク・そしてホームページ
記事の分類
月ごとのアーカイブ
ブログ&Webサイト総合カウント
天気予報。各都市も見れます

-天気予報コム- -FC2-
最近の書き込み記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。